Political Economy & Economic History Society

政治経済学・経済史学会


『歴史と経済』Journal of Political Economy & Economic History
第198〜204号(第50巻2号〜第51巻4号)

 
-
第204号(51巻4号、2009年7月) Abstract |要旨
論 説
ARTICLES
途上国農業開発における国連機関と多国籍アグリビジネスの協同モデル −FAO産業協同プログラム(ICP)を事例に− 池 島 祥 文
維新期名古屋の通商政策 小 林 延 人
研究ノートNOTE 太平洋戦争期における機帆船海運−九州・山口炭輸送の統制− 木 庭 俊 彦
書 評
BOOK REVIEWS
野村正實著『日本的雇用慣行−全体像構築の試み−』 市 原   博
 石井寛治著『経済発展と両替商金融』 鹿 野 嘉 昭
古内博行著『現代ドイツ経済の歴史』 石 井   聡
 坂本悠一・木村健二著『近代植民地都市 釜山』 香@  錫 満
 田代洋一著『この国のかたちと農業』 倉 持 和 雄
 寺出道雄著『山田盛太郎−マルクス主義者の知られざる世界−』 八 木 紀一郎
若林幸男著『三井物産人事政策史 1876−1931年−情報交通教育インフラと職員組織−』 麻 島 昭 一
熊倉修一著『日本銀行のプルーデンス政策と金融機関経営−金融機関のリスク管理と日銀考査−』 齊 藤 壽 彦
 加藤榮一著『現代資本主義と福祉国家』 枡 田 大知彦
 米山秀著『近世イギリス家族史』 伊 藤 栄 晃
篠永宣孝著『フランス帝国主義と中国−第一次大戦前の中国におけるフランスの外交・金融・商工業−』 西 村 閑 也
 河村一著『カナダ金融経済の形成−中央銀行の成立過程から見た−』 須 藤   功
 竹岡敬温著『世界恐慌期フランスの社会−経済 政治 ファシズム−』       廣 田   功
 麻島昭一著『企業再建整備期の昭和電工』 武 田 晴 人
会  報 -
-
第202号(51巻2号、2009年1月) Abstract |要旨
論 説
ARTICLES
満鉄の増資と株主の変動−1933年増資の払込期間を中心として− 平 山   勉
植民地朝鮮における電信政策と電信架設運動 李   昌 ?
Towards a New Historiography: Japanese Studies on the Economic History of Modern India 柳 澤   悠
書 評
BOOK REVIEWS
富永智津子・永原陽子編『新しいアフリカ史像を求めて−女性・ジェンダー・フェミニズム−』 井 上 貴 子
源川真希著『東京市政−首都の近現代史−』  沼 尻 晃 伸
高橋裕史著『イエズス会の世界戦略』 浜 林 正 夫
西成田豊著『近代日本労働史−労働力編成の論理と実証−』 野 村 正 實
柳澤治著『資本主義史の連続と断絶−西欧的発展とドイツ−』 八林 秀 一
森元辰昭著『近代日本における地主・農民経営−岡山県の事例−』 西 田 美 昭
星乃治彦著『ナチス前夜における「抵抗」の歴史』 松 家   仁
小峯敦著『ベヴァリッジの経済思想−ケインズたちとの交流−』 藤 井   透
北村昌史著『ドイツ住宅改革運動−19世紀の都市化と市民社会−』 馬 場   哲
中村哲編著『近代東アジア経済の史的構造 東アジア資本主義形成史III』 金   洛 年
 岡本英男著『福祉国家の可能性』 大 杉 由 香
 小野塚知二・沼尻晃伸編著『大塚久雄『共同体の基礎理論』を読み直す』 北 原   淳
及川順著『ドイツ農業革命の研究』 上巻 プロイセンにおける農民運動と農民解放、下巻 ドイツ農業革命と農法の発展 藤 田 幸一郎
島田昌和著『渋沢栄一の企業者活動の研究−戦前期企業システムの創出と出資者経営者の役割−』 石 井 寛 治
橘川武郎・粕谷誠編『日本不動産業史−産業形成からポストバブル期まで−』 山 口 由 等
会  報 -
-
第201号(51巻1号、2008年10月) Abstract |要旨
論 説
ARTICLES
1950年代後半〜60年代前半における日本造船業の建造効率と国際競争−建造実績世界一と西欧水準建造効率達成の幻影− 祖父江 利 衛
産業集積の肯定的効果と集積内工場の特徴−明治後期の東京府における機械関連工業を対象に− 今 泉 飛 鳥
現局面における米価下落の要因について−需要構造分析の視点から− 西 川 邦 夫
戦間期における軍馬資源確保と農家の対応−「国防上及経済上ノ基礎ニ立脚」の実現をめぐって− 大 瀧 真 俊
書 評
BOOK REVIEWS
小野征一郎編著『TAC制度下の漁業管理』 長谷川 健 二
古内博行著『EU穀物価格政策の経済分析』 村 田   武
日山紀彦著『「抽象的人間労働論」の哲学−二一世紀・マルクス可能性の地平−』 和 田   豊
金 容度著『日本IC産業の発展史−共同開発のダイナミズム−』 池 元 有 一
石井洋子著『開発フロンティアの民族誌              −東アフリカ・灌漑計画のなかに生きる人びと−』 池 野   旬
平井俊顕著 『ケインズとケンブリッジ的世界−市場社会観と経済学−』 服 部 正 治
会  報 -
-
第200号(50巻4号、2008年7月) Abstract |要旨
- 200号の刊行にあたって 伊藤正直
論 説
ARTICLES
1930年代の農村における市街地形成と地主−橘土地区画整理組合(兵庫県川辺郡)を事例として− 沼尻晃伸
内陸開発事業における運河トラスティの成立と展開−1836年から1871年までのイリノイ・ミシガン運河− 伊沢正興
研究ノートNOTE 1920年代フランスにおける移民労働者の組織化−移民会社(SGI)の活動を中心に− 渡辺千尋
論点をめぐってNOTE ナチス経済研究のパラダイムチェンジか −ドイツにおける最新の研究動向− マルク・シュペーラー
ヨッヘン・シュトレープ
(雨宮昭彦・三ツ石郁夫 訳)
書 評
BOOK REVIEWS
八木紀一郎著『社会経済学−資本主義を知る−』 赤間道夫
横井勝彦編著『日英経済史』 奈倉文二
小井高志著『リヨンのフランス革命−自由か平等か−』 鈴木大輔
張文明著『中国村民自治の実証研究』 牛山敬二
平沢克彦著『企業協同決定制の成立史』 枡田大知彦
岡田知弘編著『京都経済の探究−変わる生活と産業−』 高柳友彦
大門正克・安田常雄・天野正子編『戦後経験を生きる』 柳澤 遊
財務省財務総合政策研究所『安定成長期の財政金融政策−オイル・ショックらバブルまで−』 邊 英治
平井進著『近代ドイツの農村社会と下層民』 山崎 彰
会  報 -
-
第199号(50巻3号、2008年4月) Abstract|要旨
大会共通論題報告
PAPERS READ AT THE AUTUMN CONFERENCE SYMPOSIUM
大会共通論題報告「地域再編過程における協同と公共性」
PAPERS READ AT THE AUTUMN CONFERENCE SYMPOSIUM, 2007: Seeking Cooperation and Publicness during the Regional Dissolution and Renewal Process
田代洋一「趣旨説明」
Tashiro, Yoichi, "Chairperson's Address"
橋口卓也「農業・農村政策の動向と地域対応−わが国の条件不利地域を主に−」
Hashiguchi, Takuya, "Comparing Rural Community and Trends in Agriculture and Rural Policy: Focus on less-favored Areas in Japan"
松本武祝「韓国における農業水利組織の改編過程−公共性と協同の相克−」
Matsumoto, Takenori, "The Process of Reorganization of Irrigation Organizations in South Korea"
市田知子「EU農村地域振興の展開と「地域」−ドイツのLEADERプログラムを中心に−」
Ichida, Tomoko, "Rural Development Policy and the 'Region' in the EU: Focusing on the LEADER Program in Germany"
田中夏子「イタリア地域社会における「公共性」の創出と課題−社会的協同組合を軸として−」
Tanaka, Natsuko, "Making Publicness in Local Societies in Italy: Focusing on Social Cooperatives"
福士正博「市民的公共性と社会的経済(コメント1)」
Fukushi, Masahiro, "Comment 1: The Civic Publicness and Social Economy"
永江雅和「『協同(共同)』と『公共性』をとりむすぶもの(コメント2)」
Nagae, Masakazu, "Comment 2: Relationship between Association and Publicness"
論点をめぐって
NOTE
飯田恭「日本とプロイセンの土地制度史的比較をめぐる新たな論点−近世農民の土地所有に関する相違−」
Iida, Takashi, "Peasant Landholding in Early Modern Japan and Prussia: A Comparative View"
書 評
BOOK REVIEWS
劉文静著『農産物販売組織の形成と展開−農家の結合と分離による市場への対応』 安藤光義
同時代史学会編『朝鮮半島と日本の同時代史−東アジア地域共生を展望して−』 服部民夫
高村直助著『明治経済史再考』 武田晴人
SGCIME編著『第T集グローバル資本主義 第3巻グローバル資本主義と企業システムの変容』 八尾信光
奥田央著『20世紀ロシア農民史』 松村岳志
松村高夫著『イギリスの鉄道争議と裁判−タフ・ヴェイル判決の労働史−』 高田 実
SGCIME編著『第U集現代資本主義の変容と経済学 第3巻現代マルクス経済学のフロンティア』 和田 豊
ばん澤歩著『ドイツ工業化における鉄道業』 山田徹雄
宣在源著『近代朝鮮の雇用システムと日本−制度の移植と生成−』 松本武祝
会  報 -
-
第198号(50巻2号、2008年1月) Abstract|要旨
論  説ARTICLES 復興期日本の貨物自動車運送事業 河村徳士
広域発電網確立期における都市電力業−ヴァイマル期フランクフルト・アム・マインを中心に− 森 宜人
タイ金融構造分析−重化学工業化から通貨危機へ− 布田功治
論点をめぐってNOTE 戦後ドイツの経済発展をめぐるアーベルスハウザー・テーゼの現代的意義 三ツ石郁夫
書  評
BOOK REVIEWS
橘川武郎著『日本電力業発展のダイナミズム』 呂寅満
前川一郎著『イギリス帝国と南アフリカ−南アフリカ連邦の形成 1899〜1912−』 竹内幸雄
大門正克編著『昭和史論争を問う−歴史を叙述することの可能性−』 北河賢三
祁建民著『中国における社会結合と国家権力−近現代華北農村の政治社会構造−』 三品英憲
山口博教『ドイツ証券市場史−取引所の地域特性と統合過程−』 石坂綾子
-渡辺尚、今久保幸生、ヘルベルト・ハックス、ヲルフガンク・クレナー編『孤立と統合−日独戦後史の分岐点−』 加藤浩平
安在邦夫・田崎公司編著『自由民権の再発見』 今西 一
会  報 -
Political Economy & Economic History Association.
Hongo Post Office Box 56, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8691 JAPAN