TOCHISEIDOSHIGAKU : the Journal of Political Economy and Economic History
土地制度史學
Home     総目次  


第108号

]]Z−4  1985.7

論説

 12世紀の所領収益表を通してみたクリュニー領主制            関口武彦(1)

 1920年代の対為替政策
  −20年代中葉における政策転換の解明−                寺村 泰(18)

 1920年代の企業内養成工制度
  −日立製作所の事例分析−                      菅山真次(34)

研究ノート

 マクミラン委員会における産業利害関係者の金融政策批判         吉田正広(51)

論点をめぐって

 椎名重明『マルクスの自然と宗教』をめぐって              山之内靖(62)

書評

 暉峻衆三著『日本農業問題の展開 下』                 森 武磨(67)

 堀口健治著『土地資本論』                       大須眞治(69)

 武居良明著『イギリスの地域と社会』                 三ツ石郁夫(71)

会報

 1984年度秋季学術大会第4分科会(「松川事件」)報告書について(17)

 第13期日本学術会議の選出について(33)

 日本学術会議第98回総会(臨時)について(33)

 新理事会・運営体制の発足について(66)

 1985年度近畿部会春季研究会報告(73)

 1985年度春季総合研究会について(74)

英文抄録(77)

27巻総目次(79)


第109号

]][−1  1985.10

論説

 レヴァント貿易と綿布
  −18世紀マルセイユ商業史序説−                    深沢克己(1)

 イギリス占領期におけるエジプト地主制の確立               李 修二(19)

研究ノート

 手稿『経済学批判』の第X冊について
  −マルクスの「経済表」成立過程との関連で−              小林賢齊(33)

 1960年代後半における西ドイツ農業の発展方向をめぐる論議         中林吉幸(46)

書評

 H.Kohachiro Takahashi,“Du Feodalisme au Capitalisme”        Pierre DEYON(57)

 Joan Thirsk,“Economic Policy and Projects”              道重一郎(58)

 中村隆英著『戦時日本の華北経済支配』                  金子文夫(60)

 石黒重明・川口諦編『日本農業の構造と展開方向』             陣内義人(62)

 美土路達雄・山田定市編著『地域農業の発展条件−北海道酪農の展開構造−』 千葉燎郎(64)

 ナイカイ塩業株式会社社史編纂委員会編
『備前児島野崎家の研究−ナイカイ塩業株式会社成立史−』
          神立春樹(66)

 若林洋夫著『イギリス石炭鉱業の史的分析』                桑原莞爾(69)

 橋本寿朗著『大恐慌期の日本資本主義』                  伊藤正直(72)

 花田仁伍著『農産物価格と地代の論理』                                    大和田寛(74)

 小山陽一編著『巨大企業体制と労働者』                                  戸木田嘉久(76)

会報

 北海道部会春季研究会(56)

英文抄録(79)


第110号

]][−2  1986.1

論説

 1930年代日本の独占組織と政府
  −重要産業統制法の運用と36年法改正−                宮島英昭(1)

 17・18世紀サン・ラジェ領の経済構造
  −南東部フランスにおける一所領例−                 浜田道夫(24)

研究ノート

 ボルトキェヴィッチの「再生産論」
  −生産価格論研究のための一考察−                 土井日出夫(43)

書評

 大石嘉一郎編著『近代日本における地主経営の展開−岡山県牛窓町西服部家の研究−』
                                    有元正雄(56)


 田中敏弘著『イギリス経済思想史研究』                 新村 聡(59)

 御園喜博著『兼業農業の構造』                     吉田俊幸(61)

 大場正巳著『本間家の俵田渡口米制の実証分析』             安孫子麟(63)

 森武麿編『近代農民運動と支配体制』                  山本 尭(66)

 塩沢君夫・近藤哲生編著『織物業の発展と寄生地主制』          古庄 正(68)

会報

 春季総合研究会御案内(55)

 1985年度秋季学術大会・総会(71)

 日本学術会議第99会総会について(78)

英文抄録(79)


第111号

]][−3  1986.4

論説

 大正・昭和初期における蚕品種の動向と蚕糸業               鈴木達郎(1)

 レヴァント更紗とアルメニア商人
  −捺染技術の伝播と東西貿易−                     深沢克己(18)

 19世紀後半〜20世紀初期におけるパリ機械工業の展開            中島俊克(38)

書評

 田村信一著『ドイツ経済政策思想史研究』                 相田慎一(56)

 本間要一郎著『現代資本主義分析の基礎理論』               小松善雄(58)

 橋本寿朗・武田晴人編著『両大戦間期日本のカルテル』           高村直助(61)

 菅野正・田原音和・細谷昂著『東北農民の思想と行動−庄内農村の研究−』  田崎宣義(63)

 麻島昭一著『戦間期住友財閥経営史』                   春日 豊(65)

 磯辺俊彦著『日本農業の土地問題−土地経済学の構成−』          保志 恂(67)

 川田稔著『柳田国男の思想史的研究』                   岩本由輝(69)

 松葉政文著『金融資本と社会化』                     小坂直人(71)

 川北稔著『工業化の歴史的前提』                     森 建資(73)

会報

 1985年度東海部会活動報告(37)

 1985年度近畿部会研究会(37)

 日本学術会議第100回総会について(76)

 1986年度秋季学術大会共通論題について(77)

追悼

 横山正彦先生を悼む                           二瓶剛男(78)

英文抄録(79)


第112号

]][−4  1986.7

論説

 第一次大戦前におけるフランスの銀行構造
  −大預金銀行の全国的支店網の形成と地方銀行−            中川洋一郎(1)

 戦時金融統制と金融市場
  −金融新体制の基礎過程−                       山崎志郎(18)

研究ノート

 サンチェス・アルボルノスの自由小土地所有者テーゼ
  −南欧封建制研究の展望を含めて−                   関 哲行(37)

 群馬県における50町歩地主の形成                     田嶋 悟(48)

書評

 安保哲夫著『戦間期アメリカの対外投資−金融・産業の国際化過程−』   萩原伸次郎(60)

 権上康男著『フランス帝国主義とアジア−インドシナ銀行史研究−』     藤瀬浩司(62)

 高須賀義博著『マルクスの競争・恐慌観』                 沢田幸治(65)

 石見徹著『ドイツ恐慌史論』                       加来祥男(67)

 塩川伸明著『スターリン体制下の労働者階級−ソヴェト労働者の構成と状態:1929−1933年−』
                                     松井憲明(69)


 椎名重明編著『団体主義−その組織と原理−』               戒能通厚(71)

会報

 1986年度中四国部会研究会(59)

 1986年度近畿部会研究会(59)

 Gesellschaft fur Sozial-und Wirtschaftsgeschichte 大会の案内(74)

 1986年度春季総合研究会報告(75)

英文抄録(77)

28巻総目次(79)


第113号

]]\−1  1986.10

論説

 シュレージエン麻織物工業と17,8世紀ヨーロッパ経済
  −イギリスとの関連を中心に−                    馬場 哲(1)

 近代中国綿業の地帯構造と経営類型
  −その発展の論理をめぐって−                    久保 亨(20)

 韓国資本主義の外生的循環構造とNICs型従属              涌井秀行(40)

書評

 室山義正著『近代日本の軍事と財政−海軍拡張をめぐる政策形成過程−』  坂本忠次(59)

 国家資本輸出研究会編『日本の資本輸出−対中国借款の研究−』      高村直助(61)

 住谷一彦・田村信一・小林純編『ドイツ国民経済の史的研究
  −フリードリヒ・リストからマックス・ヴェーバーへ−』        諸田 實(63)

 大石嘉一郎編『日本帝国主義史T 第1次大戦期』            山本義彦(65)

 弘田澄夫著『農家労働力の統計分析』                  豊田 尚(67)

 橋本哲哉著『近代石川県地域の研究』                  筒井正夫(69)

会報

 1986年度東北部会例会報告と87年度例会の予告(19)

 1986年度秋季学術大会・総会(72)

 北海道部会春季研究会(78)

英文抄録(79)