TOCHISEIDOSHIGAKU : the Journal of Political Economy and Economic History
土地制度史學
Home     総目次  


第12号

V−4 1961.7

論説

 戦後日本資本主義の再生産構造における農業の地位
  −「成長」下日本経済における農業問題の分析視角−          常盤政治(1)

  トゥガン「再生産論」と「恐慌史」との連繋
  −「再生産表式」は「販路理論」か−                      小林賢齊(26)

  16世紀イギリスの農業問題
  −イギリス絶対王制の農業政策解明のための前提−             毛利健三(50)

海外寄稿

 1480-1640年におけるイギリスの土地所有
  −新興土地所有者階級−                                T.ハリナン(70)

書評

 農民運動史研究会編『日本農民運動史』                 大山平一(81)

会報

 1961年秋季学術大会・総会予告(25)

  関東部会月例研究会(49)


第13号

W−1 1961.10

論説

 過剰蓄積への内的傾向
  −恐慌把握の一視点−                              富塚良三(1)

  イギリスの名誉革命期における内国消費税の意義
  −重商主義的租税体系の成立をめぐって−                     石坂昭雄(6)

  1880年代の蚕糸金融について                                             藤井光男
  −上毛繭糸改良会社を中心に−                                        藤井治枝(29)

海外寄稿

 中欧および東欧におけるいわゆる「再版農奴制」の基本的諸問題   C.д.スカースキン(47)

資料分析

 1961年世界農林業センサス農家調査結果について              倉形 巌(68)

会報

 1961年度春季総合研究会(28)

  関東部会月例研究会(67)


第14号

W−2 1962.1

論説

 在来綿織物業の展開と紡績資本                       中安定子(1)

  16世紀ロシアの債務リュージイ                      石戸谷重郎(19)

  リスト『農地制度』論の特質                        相川哲夫(36)

論点をめぐって

 農民層分解論のあたらしい動向                       阪本楠彦(48)

資料分析

 統計的にみた農家労働力の就業・異動構造                  岨常次郎(55)

書評

 メンデリソン著・飯田貫一他訳『恐慌の理論と歴史』             南 克巳(66)

  大石嘉一郎著『日本地方財行政史序説』                   丹羽邦男(71)

会報

 1961年度秋季学術大会・総会について

  関東部会研究会・東北部会研究会


第15号

W−3 1962.4

論説

 近畿型農業における農家滞留構造の一形態
  −香川農業の場合−                           大薮輝雄(1)

  明治前期横浜正金銀行の外国為替金融
  −貿易政策史的視点よりみた−                                   水沼知一(17)

  再生産構造と農業変革
  −『資本主義の発展』と『農業綱領』との連携−                   鍋島力也(37)

学界動向

 17世紀フランス経済史研究の動向
  −特にその研究方法について−                                    遅塚忠躬(56)

書評

 山岡亮一著『農業経済理論の研究』                     上原信博(71)

  Fisher,F.J.(ed),"Essays in the Economic and Social History
            of Tudor and Stuart England, in Honour of R.H.Tawney" 
                 
                           樋口 徹(73)

  梶井功著『農業生産力の展開構造』                     磯部俊彦(75)

会報

 関東部会月例研究会(36)


第16号

W−4 1962.7

論説

 アメリカ植民地における鉄工業の生産構造
  −Iron Act との関連において−                        宮野啓二(1)

  農民層分解と農業労働力の性格
  −西蒲原郡燕市の調査を中心として−                   島崎 稔(17)

史料分析

 近世美濃における在地領主の家臣団形成について
  −交代寄合高木氏の奉公人−                       原 昭午(48)

論点をめぐって

 イギリス産業革命研究の課題と方法
    −毛織物工業史研究の動向を中心とする一考察−              山之内靖(64)

海外寄稿

 イギリスの革命研究の方法と問題                       C.ヒル(73)

海外消息

 イギリスの歴史家トーニイの死                        吉岡昭彦(79)

書評

 守屋典郎著『経済史』                           安藤良雄(83)

  岡田与好著『イギリス初期労働立法の歴史的展開』              戸塚秀夫(83)

会報

 1962年度秋季学術大会予告(88)

  東北部会・関東部会月例研究会(47)(72)


第17号

X−1 1962.10

論説

 農地改革後における日本農業の発展                     喜多克巳(1)

  ザクセン麻織業におけるツンフト的営業独占の再編成             松尾展成(21)

  サン・ジェルマン・デ・プレ修道院領の「農奴解放」について
  −フランス農奴制研究のための一分析−                  森本芳樹(40)

研究ノート

 レーニン『ユンカー的=ブルジョア的』範疇規定について                      大野英二
  −ドイツ資本主義分析視角の再検討−                           住谷一彦(63)

書評

 農民運動史の二つの根本視点                                             小宮昌平(73)

  吉田静一著『フランス重商主義論』                                          赤羽 裕(76)

会報

 学会事務所変更のお知らせ(39)

  関東部会月例研究会(62)