TOCHISEIDOSHIGAKU : the Journal of Political Economy and Economic History
土地制度史學
Home     総目次  


第138号

]]]X−2  1993.1 

論説

 アメリカ航空機産業の初期段階 1903-1939年               西川純子(1)

  台湾銀行の中国資本輸出活動
  −自己資金単独借款を中心として−                    須永徳武(20)

研究ノート

 NIEs論の再検討
  −韓国経済分析の基礎視角−                        佐野孝治(38)

論点をめぐって

 旧東独における農業史研究の最新成果とその意義 
  −批判的継承のために−                             加藤房雄(48)

研究動向

 旧東ドイツ科学アカデミー編
   『ドイツにおける生産諸力の歴史1800-1945年(全3巻)』が残したもの  幸田亮一(57)


書評

 伊牟田敏充編著『戦時体制下の金融構造』                 平 智之(65)

  田坂敏雄著『タイ農民層分解の研究』                   陣内義人(68)

  神立春樹著『戦後村落景観の変貌』                   小田切徳美(70)

  山本有造著『日本植民地経済史研究』                   金 洛年(72)

  遠藤輝明編『地域と国家−フランス・レジョナリスムの研究−』       中木康夫(74)

会報

 1992年度春季総合研究会報告(77)

英文抄録(79)


139号

]]]X−3  1993.4 

大会報告 共通論題:世界的な農業再編と日本農業の危機

 フランス農業と家族経営

  −1970年代以降の変化を中心に−                      津守英夫(1)

  輸出振興型工業化とタイ農業の再編                    山本博史(12)

  「経済構造調整」下における日本農業の危機とその諸相           田畑 保(22)

論説

 松永安左エ門と出弟二郎
  −電力国家管理の成立要因−                        橘川武郎(38)

海外寄稿

 転換と統一
  −東ドイツにおける諸問題と展望−                ギュンター・ネツォルト
                                   宮川 彰 訳(54)

書評

 小澤治郎著『アメリカ鉄道業の生成』                   楠井敏朗(61)

  富澤修身著『アメリカ南部の工業化−南部綿業の展開(1865-1930年)を基軸にして−』
                                      藤岡 惇(63)


  加用信文著『増訂版 イギリス古農書考』                  毛利健三(65)

  滝沢秀樹著『韓国の経済発展と社会構造』                  涌井秀行(67)

  北條浩著『明治初年地租改正の研究』                    小岩信竹(70)

会報

 1992年度土地制度史学会東海部会研究会報告(72)

  1992年度秋季学術大会(73)

英文抄録(79)


140号

]]]X−4  1993.7 

論説

 シューマン・プランとフランス鉄鋼業(1950-1952年)
  −ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体の創設−                     石山幸彦(1)

  中世イングランドにおける市場開設権と領主層               勘坂純市(17)

研究動向

 「アジア交易圏」論をめぐる最近の研究動向
  −日本在来産業史からの若干の考察−                      谷本雅之(36)

海外寄稿

 アメリカの対ヨーロッパ援助とヨーロッパ統合              ルネ・ジロー
                              廣田 功・矢後和彦 訳(48)

書評

 大塚秀之著『現代アメリカ合衆国論』                   庄司啓一(58)

  三富紀敬著『欧米女性のライフサイクルとパートタイム』          奥田伸子(59)

  戸原四郎・加藤榮一編『現代のドイツ経済−統一への経済過程−』      長坂 聰(61)

  坂下明彦著『中農層形成の論理と形態−北海道型産業組合の形成基盤−』   野田公夫(63)

  柿崎繁・草間俊夫・増田壽男編著『危機における現代経済の諸相』      杉本昭七(66)

  法政大学産業情報センター・橋本寿朗・武田晴人編『日本経済の発展と企業集団』
                                     粕谷 誠(70)


  奥田央著『コルホーズの成立過程−ロシアにおける共同体の終焉−』     鈴木健夫(72)

  中村政則編『日本の近代と資本主義−国際化と地域−』           高村直助(75)

会報

 1993年度秋季学術大会共通論題について(47)

  1992年度北海道部会研究会報告(76)

  1993年度中四国部会研究会報告(76)

英文抄録(77)

35巻総目次(79)


141号

]]]Y−1  1993.10

論説

 日中戦争期日本の工場立地政策の特質
  −土地利用政策との関連を中心に−                     沼尻晃伸(1)

  1930年代の羊毛工業と貿易統制
  −日阿、日豪問題を中心に−                       白木沢旭児(18)

論点をめぐって

 日本的労資関係をめぐる最近の論議について                二瓶 敏(33)

  ドイツ資本主義分析における地域的工業化論の方法的射程
  −H・キーゼヴェッターの所論を中心として−             三ツ石郁夫(44)

研究動向

 イギリス産業革命像の再検討
  −経済発展の連続性と断絶性をめぐって−                    道重一郎(55)

書評

 酒井一夫・西村閑也編『比較金融史研究−英・米・独・仏の通貨金融構造1870〜1914年−』
                                     金井雄一(65)


  工藤章著『日独企業関係史』                       春美涛子(67)

  近藤晃編『近代化の構図−イギリス・ドイツ・日本−』           坂巻 清(70)

 牛山敬二・七戸長生編著『経済構造調整下の北海道農業』          田畑 保(72)

  朝倉新太郎・野村拓・儀我壮一郎・西岡幸泰・日野秀逸編
         『講座 日本の保健・医療』(全5巻)
          杉山 清(74)

会報

 会費納入方法の変更に関するお知らせとお願い(32)

  第11回国際経済史協会大会開催について(54)

英文抄録(79)


第142号

]]]Y−2  1994.1

論説

 1930年代の山東権益をめぐる日中関係
  −膠済鉄道の諸利権を中心に−                        萩原 充(1)

  「平成不況」の性格とその帰結
  −「複合不況」論の検討を通して−                     山本孝則(19)

研究ノート

 農地相続問題の現局面
  −土地問題視角の提起−                          安藤光義(36)

論点をめぐって

 現代・小農問題をめぐる検討課題
  −「新政策」提起との関連において−                    上原信博(48)

  ワイマール期ドイツ経済体制・経済政策史をめぐって
  −「ボルヒャルト論争」覚書−                          八林秀一(57)

書評

 今西一著『近代日本成立期の民衆運動』                  林 宥一(65)

  平子友長著『社会主義と現代世界』                    森下宏美(67)

  林健久・加藤榮一編『福祉国家財政の国際比較』              池上 惇(69)

  佐藤勝則著『オーストリア農民解放史研究−東中欧地域社会研究序説−』   南塚信吾(71)

  筆宝康之著『日本建設労働論−歴史・現実と外国人労働者−』        杉山 清(73)

会報

 1993年度東北部会研究会報告(47)

  1993年度東海部会研究会報告(56)

  1993年度北海道部会研究会報告(56)

  1993年度九州部会研究会報告(64)

  1993年度春季総合研究会報告(77)

英文抄録(79)


143号

]]]Y−3  1994.4 

大会報告・共通論題:両大戦間期ヨーロッパにおける資本主義の再編
  両大戦間期フランス資本主義と「アメリカニズム」への対応         廣田 功(1)

  両大戦間期ドイツ資本主義の産業構造変化と社会階級
  −職員層Angestelltenschftの事例に即して−               雨宮昭彦(17)

  オタワ協定と現代農業政策の登場                     森 建資(34)

論点をめぐって

  資本主義の組織化と政策選択
    −秋季学術大会共通論題報告に寄せて−                 秋元英一(49)

  レギュラシオン理論をめぐって                       増田壽男(57)

書評

  工藤章著『イー・ゲー・ファルベンの対日戦略−戦間期日独企業関係史−』  加来祥男(65)

  長田豊臣著『南北戦争と国家』                      楠井敏朗(67)

  黒木三郎・山口孝・橋本玲子・笠原義人編『新国有林論−森林環境問題を問う−』
                                     有永明人(69)


会報

  1993年度秋季学術大会(72)

  新理事会・運営体制の発足について(78)

英文抄録(79)