TOCHISEIDOSHIGAKU : the Journal of Political Economy and Economic History
土地制度史學
Home     総目次  


第150号

]]][−2  1996.1 

論説

 戦時期日本の産業統制の特質
  −繊維産業における企業整備と「10大紡」体制の成立−          渡辺純子(1)

  製糸資本の勃興
  −蚕糸業再編期の開明社−                       中林真幸(18)

研究ノート

 公害問題と買鉱制度
  −花岡鉱山煙害問題を中心に−                        岡田有功(38)

論点をめぐって

 構造不況をめぐる論点と課題                        久保新一(49)

書評

 栗原優著『第二次世界大戦の勃発−ヒトラーとドイツ帝国主義−』    永岑三千輝(57)

  中央大学経済研究所編
   『「地域労働市場」の変容と農家生活保障−伊那農家10年の軌跡から−』今井 健(58)


  永田惠十郎編著『水田農業の総合的再編
                 −新しい地域農業像の構築に向けて−』 飯島充男(61)


  柏雅之著『現代中山間地域農業論』                   井上和衛(64)

  諸田實他著『ドイツ経済の歴史的空間−関税同盟・ライヒ・ブント−』   馬場 哲(66)

  土方苑子著『近代日本の学校と地域社会−村の子どもはどう生きたか−』  大門正克(68)

  佐々木隆生・中村研一編著『ヨーロッパ統合の脱神話化
               −ポスト・マーストリヒトの政治経済学−』
 菊池孝美(70)

  浜田正行編『二〇世紀的世界の形成』                  河合康夫(72)

  吉田義明著『日本型低賃金の基礎構造−直系家族制農業と農家女性労働力−』田代洋一(74)

  石井寛治著『情報・通信の社会史−近代日本の情報化と市場化−』     橘川武郎(77)

  奥田晴樹著『地租改正と地方制度』                   関 順也(78)

会報

 1995年度九州部会研究会報告(37)

  1995年度北海道部会研究会報告(48)

  1996年度土地制度史学会秋季学術大会日程変更のお知らせ(48)

  第12回国際経済史会議のお知らせ(56)

英文抄録(80)


第151号

XXXVIII-3 1996.4

大会報告・共通論題:第二次大戦期の日本資本主義−戦時経済の歴史的位置−

  日本戦時経済分析の課題                        原  朗( 1)

 戦時鉱工業動員体制の成立と展開                                       山崎志郎( 4)

 戦時経済と企業グループ                                            下谷政弘(18)

  戦時労働力の給源と動員−農民家族と都市商工業者を対象に−         大門 正克
                                     柳沢 遊(28)

研究ノート
 
処女地開拓と環境保全                          野村政修(48)

書評

  星乃治彦著   『社会主義国における民衆の歴史
          −1953年6月17日東ドイツの情景−』             永岑三千輝(59)

  岩下有司著  『景気循環の経済学−10年周期の解明−』                沢田幸治(60)

  永岑三千輝著 『ドイツ第三帝国のソ連占領政策と民衆 1941-1942』    古内博行(62)

  平本厚著   『日本のテレビ産業−競争優位の構造−』         吉田三千雄(64)

  加勢田博著   『北米運河史研究』                   浜 文章(66)

  馬場哲著   『ドイツ農村工業史−プロト工業化・地域・世界市場−』  高橋秀行(68)

  北條浩著      『日本近代林政史の研究』                脇野 博(70)

会報

 1995年度秋季学術大会 (73)

 1996年度土地制度史学会秋季学術大会日程変更のお知らせ(78)  

英文抄録(79)


第152号

XXXVIII-4 1996.7

論説

  東ドイツにおけるコンビナート改革(1976-85年)−工業組織改革の構想と問題点−
                                                                        白川欽哉( 1)

  冷戦体制と韓国資本主義の構造
    −本主義発展の「外からの道」における内的要因の検討を中心に−     涌井秀行(19)

 『週に命じられただけ賦役する』:不定量賦役か、週賦役か
  −中世初期賦役労働の研究に寄せて−                            森本芳樹(34)

 ストルィピン農業改革とモスクワ県ゼムストヴォ
  −牧草播種の導入と区画地経営への農業技術援助をめぐって−       崔 在東(48)



  海野文雄著『ドイツ中世金融史研究
  −身分制社会における「支配権の資金化」過程に関する研究−』      森田安一(61)

 加納啓良編『中部ジャワ農村の経済変容−チョマル郡の85年−』        磯辺俊彦(63)

 丹羽邦男著『地租改正法の起源−開明官僚の形成−』                  有元正雄(65)

 中西洋著『<自由・平等>と《友愛》
            −“市民社会”;その超克の試みと挫折−』     鈴木春二(67)


 内田和子著『近代日本の水害地域社会史』                                 松村祝男(69)

 磯辺俊彦編『危機における家族農業経営』                               小田切徳美(71)

会報

 1996年秋季学術大会共通論題について(74)

  1996年近畿部会研究会報告(75)

英文抄録(76)

38巻総目次(79)


第153号

XXXIX-1 1996.10

論説

  アメリカ穀物流通・加工セクターの構造化
  −1980年代以降を中心に−                                          磯田 宏( 1)

  グローバリゼーションのなかの米国衣服産業
    −アジアNIEsとマキラドーラの役割を比較して−             村田勝幸(17)

 第1次オイル・ショックと米国対外政策
   −オイル・ダラー還流における「国際協調」政策の展開−            宮崎礼二(32)

 明治前期における東京の救恤状況                                          大杉由香(48)

書評

 井上巽著『金融と帝国−イギリス帝国経済史−』                      吉田正広(63)

 秋元英一著『アメリカ経済の歴史−1492-1993年』                       藤岡 惇(65)

 藤瀬浩司編『世界大不況と国際連盟』                                  井上 巽(67)

 山本栄治著『「ドル本位制」下のマルクと円』                             金井雄一(70)

 深谷徳次郎著『明治政府財政基盤の確立』                        大槻 功(72)

会報

 1996年度九州部会研究会報告(31)

  1996年中四国部会研究会報告(47)

 1996年関東部会研究会報告(47)

 1996年春季総合研究会報告(75)

 1996年度東北部会研究会報告(77)

英文抄録(78)


第154号

XXXIX-2 1997.1

論説

  小地主経営の展開と農村金融−地主銀行と産業組合の対抗−                 横山憲長( 1)

  第一次大戦後における職業紹介事業の展開
               −都市失業問題の発生と失業対策の出発    樋口隆正(17)


 韓国農地改革前後における地主制の展開と衰退
                 −烏山市「車家」の事例を中心に−       宋 在晟(38)


書評

 安富邦雄著『昭和恐慌期救農政策史論』                             加瀬和俊(50)

 牧野裕著『冷戦の起源とアメリカの覇権』                    庄司啓一(52)

 荻野喜弘著『筑豊炭鉱労資関係史』                     春日 豊(54)

 福士正博著『環境保護とイギリス農業』                   田代正一(56)

 玉真之介著『農家と農地の経済学−産業化ビジョンを超えて−』        宇佐美繁(58)

 今久保幸生著『19世紀末ドイツの工場』                   春見涛子(60)

 辻忠夫著『世界市場と長期波動−外国貿易と利潤率との動態−』         角田 収(62)

 藤井隆至著『柳田國男 経世済民の学−経済・倫理・教育−』             松嵜久実(64)

 清水みゆき著『近代日本の反公害運動史論』                              立岩寿一(66)

  山下直登著『資本と地域社会−戦時下日立製作所の農村進出−』       清水みゆき(68)

 小田中直樹著『フランス近代社会 1814-1852 』                              田崎慎吾(70)

  溝田誠吾著『造船重機械産業の企業システム−経営資源の継承性と展開−』   橋本寿朗(72)

  田島俊雄著『中国農業の構造と変動』                        菅沼正久(74)

  小風秀雅著『帝国主義下の日本海運−国際競争と対外自立−』               寺谷武明(76)

会報

 1996年度北海道部会研究会報告(49)

 1995年度東海部会研究会報告/1996年度東海部会研究会報告(78)

英文抄録(79)


第155号

XXXIX-3 1997.4

大会報告・共通論題:WTO体制と日本農業−農業・農政の世界的再編との関連で−

  WTO体制と世界農産物市場の再編                       堀口健治( 1)

 合衆国農業の構造再編と多国籍アグリビジネスの現段階              中野一新(15)

 EU共通農業政策改革とWTO−イギリスを中心として−                 福士正博(32)

  「総自由化体制」下の日本農業−農業構造再編の方向−                  後藤光蔵(46)

書評

  森武麿・大門正克編著『地域における戦時と戦後
            −庄内地方の農村・都市・社会運動−』           細谷 昂(62)

  北川泉編著『中山間地域経営論』                      村山元展(63)

  近藤晃著『市場経済の史的構造 − イギリス市場史研究序説 − 』       勘坂純市(66)

会報

 第12回国際経済史会議のお知らせ(68)

 1996年度秋季学術大会(69)

 1996年度東海部会研究会報告(76)

 新理事会・運営体制の発足について(77)

英文抄録(78)