TOCHISEIDOSHIGAKU : the Journal of Political Economy and Economic History
土地制度史學
Home     総目次  


173号

 ]LW-1 2001.10

論 説 

「満州」農業移民の経営と生活
 ― 第一次移民団「弥栄村」を事例として―                            今井良一

 1834年バイエルン王国の定住・婚姻関係法と農業奉公人                 酒井綱紀

 明治期人造肥料特約販売網の成立と展開
  ― 茨城県・千葉県地域の事例 ―                                     市川大祐

海外寄稿

《社会的ヨーロッパ》 −基盤、賭け、展望−                バンジャマン・コリア
                                    廣田功 訳

書 評

 田中敏弘編著『アメリカ人の経済思想 − その歴史的展開− 』               瀬戸岡紘

 植田浩史編『産業集積と中小企業 − 東大阪地域の構造と課題 − 』            渡辺幸男

 三國英實著『食糧流通問題の展開過程』                             樫原正澄

 大門正克著『民衆の教育経験 − 農村と都市の子ども− 』       土方苑子

 平田雅博著『イギリス帝国と世界システム』              桑原莞爾

 磯辺俊彦著『共の思想 ―農業問題再考― 』               池上甲一

会 報 

 2000/2001年度関東部会研究会報告

 2000/2001年度北海道部会研究会報告

 2001年度春季総合研究会報告

 2001年度秋季学術大会について

英文抄録


174号 

]LW-2 2002.1

論 説 

 1930年代における東洋棉花上海支店と在華紡            山村睦夫

 韓国のインフォーマル・セクター(私金融市場)の構造と機能     徐 炳学

研究ノート

 死質(mort-gage)契約考                        関口武彦

書 評

 中川清著『日本都市の生活変動』                 布川 弘

 山之内靖著『日本の社会科学とヴェーバー体験』          小林 純

 石井寛治著『近代日本金融史序説』                中林真幸

 松本俊郎著『「満洲国」から新中国へ
    ―鞍山鉄鋼業からみた中国東北の再編過程 1940〜1954―』   塚瀬 進

 小林英夫編『近代日本と満鉄』                  小峰和夫

 牧野裕著『日米通貨外交の比較分析
         ―ニクソン・ショックからスミソニアン合意まで―』               山本孝則

 名城邦夫著『中世ドイツ・バムベルク司教領の研究―貨幣経済化と地代―』
                                 勘坂純市


 林宥一著『近代日本農民運動史論』                島袋善弘

 栗原るみ著『1920年代の金融恐慌―福島県蚕糸業を事例として―』   井川克彦

 林順子著『尾張藩水上交通史の研究』                落合 功

 工藤章著『現代ドイツ化学企業史―IGファルベンの成立・展開・解体―』永岑三千輝

 道重一郎・佐藤弘幸編『イギリス社会の形成史?市場経済への新たな視点』
                                    長谷川貴彦

 中本悟著『現代アメリカの通商政策
        ―戦後における通商法の変遷と多国籍企業―』        萩原伸次郎

 上村雅洋著『近江商人の経営史』                                  中西 

 畠山秀樹著『近代日本の巨大鉱業経営―三菱財閥の事例研究―』                麻島昭一

会 報 

 2000/2001年度東海部会研究会報告

 2000/2001年度九州部会研究会報告


 2000/2001年度近畿部会研究会報告

 2002年度秋季学術大会について

英文抄録


175号

 SLM-3 2002.4

論 説

 韓国経済とグローバリゼーション
   −通貨危機後の市場開放化がもたらしたもの−             郭 洋春

 インドネシア経済とIMF・世銀
 ―構造調整・民主化・下からの開発の時代―                水野広祐

 会計ビッグバンとグローバリズム                     小栗崇資

多数国間投資協定の現状と基本問題                    高田太久吉

イギリスの新自由主義−サッチャー政府経済政策の検証−           梅川正美

 EU経済のグローバル化とフランスの変貌
   −グローバリゼーションに立ち向かうEUとフランス−                        野内美子

 フードシステムの国際化と日本のアグリビジネス                      加瀬良明

 農業科学技術をめぐる政策展開と多国籍アグリビジネス
   −グローバリゼーション下の国家と市民社会への一考察−       久野秀二

会 報
 
 2001年度秋季学術大会

英文抄録


176号 

SLM-4 2002.7

論 説

 18世紀ブランデンブルク農村における家族・親族・階層
   −ルピン郡の事例を中心として−                  飯田 恭

 配合飼料メーカーの事業展開
   ―協同飼料株式会社を事例として―                 森 久綱

論点をめぐって

 開港後の神戸貿易と中国商人                     高村直助

書 評

 保志恂著『現代農業問題論究』                    安藤光義

 久保清治『ドイツ財政史研究
       18世紀プロイセン絶対王朝制の財政構造』         柳川平太郎

 米倉茂『英国為替政策?1930年代の基軸通貨の試練』               金井雄一

 長島修『日本戦時企業論序説?日本鋼管の場合』              奈倉文二

 木村幹『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識?朝貢国から国民国家へ』 滝沢秀樹

 山内清『価値形態と生産価格』                     大石雄爾

 大津留(北川)智恵子・大芝亮編著
 『アメリカが語る民主主義−その普遍性、特異性、相互浸透性−』     秋元英一

 谷口信和著『二十世紀社会主義農業の教訓―二十一世紀日本農業へのメッセージ』
                                       白川欽哉

 網野善彦著『中世民衆の生業と技術』                          落合 功

 浅井良夫著『戦後改革と民主主義―経済復興から高度成長へ』                      楠井敏朗

 落合功著『江戸内湾塩業史の研究』                    長妻廣至

 石井寛治編『日本銀行金融政策史』                    伊藤修

橋本伸也・藤井泰・渡辺和行・進藤修一・安原義仁著
 『近代ヨーロッパの探求4 エリート教育』               中川雄二

 松原豊彦著『カナダ農業とアグリビジネス』               小沢健二

 渋谷隆一・森武麿・長谷部弘著
 『資本主義の発展と地方財閥−荘内風間家の研究』            伊藤武夫

会報

2001/2002年度近畿部会研究会報告

 

 

2001/2002年度北海道部会研究会報告

 

2001/2002年度関東部会研究会報告

 

2002年度中四国部会研究会報告

英文抄録

総目次