TOCHISEIDOSHIGAKU : the Journal of Political Economy and Economic History
土地制度史學
Home     総目次  


第18号

X−2 1963.1

論説

 西日本における農業形態と農民層分解                    塙 遼一(1)

  第一次世界大戦に至るドイツ穀物関税政策の推移とその意義         高橋精之(26)

  国家独占資本主義論と投資金融問題                    飯田裕康(44)

研究ノート

 15世紀英国の国家財政                          城戸 毅(57)

書評

 椎名重明著『イギリス産業革命期の農業構造』               岡田与好(69)

  Βопросы социалистического воспроизводства
                                      
二瓶剛男(72)


  日高晋著『地代論研究』                         常盤政治(74)

会報

 1962年度秋季学術大会・総会について(76)


第19号

X−3 1963.4

論説

 中国における社会主義農業金融の展開                    菅沼正久(1)

  産業革命期におけるイギリス綿業の構造変革                 井上 巽(22)

  幕末における蚕種業の発達と農村構造
  −上田藩上塩尻村を素材として−                        大口勇次郎(38)

史料分析

 高位生産力構造の基盤
  −興除村の正条区>jと散居制−                      高田正規(55)

資料分析

 現代フランス農業経営の諸特質
  −1955年センサスの結果を中心に−                      遅塚忠躬(65)

会報

 関東部会月例研究会(21) (80)


第20号

X−4 1963.7

論説

 ノーファクに於ける資本主義農業の展開
  −そのいわゆるイギリス農業革命の原型としての意義−           楠井敏朗(1)

  18世紀ロシアの農奴占有マニュファクチュアの性格              有馬達郎(22)

  価値理論と価格理論
  −マルクス生産価格論といわゆる「転形問題」−               大島雄一(37)

研究ノート

 旧露農業構造研究における一課題
    −アンフィモフ新著の紹介を通じて−                  日南田静真(60)

書評

 富塚良三著『恐慌論研究』                         古川 哲(72)

  土地制度史学会編『農業危機の現段階的性格』                川上正道(75)

会報

 1963年度春季総合研究会(59)

  1963年度秋季学術大会予告(21)


第21号

Y−1 1963.10

論説

 「初期恐慌」
  −マニュファクチャー期の過剰生産をめぐって−                関口尚志(1)

  拡大再生産表式と国民所得・産業連関表の関連                川上正道(29)