TOCHISEIDOSHIGAKU : the Journal of Political Economy and Economic History
土地制度史學
Home     総目次  


第42号

]T−2  1969.1

論説

 IMF体制の崩壊と戦後資本主義の構造転換
  −価値・再生産法則貫徹の現代的形態−                   古川 哲(1)

  二月革命前におけるレーニンの土地国有論と政治変革論           浅田喬二(25)

研究ノート

 カール・マルクスの画いた「プロレタリアによる現状克服」のための処方箋  楠井敏朗(41)

海外寄稿

 17世紀フランスにおける土地所有と経営              ジャン・ムーヴレ(53)

書評

 諸田實著『ドイツ初期資本主義研究』                   前間良爾(67)

  松田智雄著『ドイツ資本主義の基礎研究−ヴュルテンベルク王国の産業発展−』 
                                     川本和良(69)


  浅田喬二著『日本帝国主義と旧植民地地主制』               梶村秀樹(71)

会報

 1968年度秋季学術大会・総会について(74)

  関東部会月例研究会(78)

英文抄録(79)


第43号

]T−3  1969.4

論説

 日本資本主義展開過程における蚕糸業発達の歴史的意義
  −明治前期埼玉県における蚕糸業と綿業の分析を中心に−           滝沢秀樹(1)

  ドイツ産業資本確立期における貿易構造                  春見涛子(20)

  社会主義経済と「地代」                         平野絢子(42)

史料紹介

 1904年『関税委員会報告書』第1巻・鉄鋼編をめぐって            桑原莞爾(59)

論点をめぐって
 イギリス資本主義成立にとっての世界市場の意義
  −船山栄一著『イギリスにおける経済構成の転換』の意義を中心に−    楠井敏朗(72)

書評

 金子ハルオ著『生産的労働と国民所得』                 島崎美代子(77)

会報

 近畿部会創立総会(41)

  関東部会月例研究会(71)

英文抄録(79)


第44号

]T−4  1969.7

論説

 ホームステッド法と開拓農民
  −ネブラスカ州ゲイジ郡の例−                     岡田泰男(1)

  1930年代「満州工業化」政策の展開過程
  −「満州産業開発5カ年計画」実施過程を中心に−             小林英夫(19)

  マルクスのアジア社会発展像                       淡路憲治(44)

資料分析

 最近の農地移動                             石井啓雄(57)

英文抄録(77)

11巻総目次(79)


第45号

]U−1 1969.10

論説

 イギリス産業革命における協同組合運動                  武居良明(1)

  『経済学批判要綱』における資本循環論の展開               田代洋一(16)

学会動向