TOCHISEIDOSHIGAKU : the Journal of Political Economy and Economic History
土地制度史學
Home     総目次  


第84号

]]T−4 1979.7

論説

 オーエンの「協同村」の構想                     加用信文(1)

 アドリアン・ド・ガスパランの農学思想
  −19世紀南フランス農業の発展方向との関連で−           深沢克己(15)

 小作調停にみる土地返還争議の諸相                  品部義博(35)

学界動向

 ドイツ社会経済史研究の最近の動向
  −Handbuch der Deutschen Wirtschafts-und Sozialgeschichte,2 Bde.にそくして(2)−
                                   藤田幸一郎

                                              柳沢 治
                                                                      田村信一(56)
書評

 原輝史著『フランス資本主義研究序説』                吉田静一(66)

 守屋典郎著『天皇制研究』                      鈴木正幸(68)

 坂井好郎著『日本地主制史研究序説』                 清水洋二(72)

会報

 1979年度春季総合研究会(76)

英文抄録(77)

21巻総目次(79)


第85号

]]U−1 1979.10

論説

 ヴェーバー都市類型論の構造                                  田中豊治(1)

 農民運動の発展と自作農創設
  −千葉県印旛郡八街町を事例として−                鈴木邦夫(17)

 農工間不等価交換の定量分析とその方法                岩谷幸春(34)

研究ノート

 「仏領アフリカ協会」とフランス植民地政策              増谷直子(56)

書評

 西田美昭編著『昭和恐慌下の農村社会運動−養蚕地における展開と帰結−』大門正克(75)

会報

 北海道部会報告(77)

英文抄録(79)


第86号

]]U−2 1980.1

論説

 足利織物業の展開と農村構造
  −「型」の編成とその崩壊−                     古庄 正(1)

 大正期の鉄鋼生産構造における銑鉄生産部門の存在形態
  −その経済史的技術分析−                      堀切善雄(18)

 南京政府の関税政策とその歴史的意義                  久保 亨(38)

書評

 大川健嗣著『戦後日本資本主義と農業』                 美崎 皓(56)

 東京大学社会科学研究所編『昭和恐慌』                隅谷三喜男(57)

 井上完二編『現代稲作と地域農業』                   御園喜博(60)

 中村政則著『近代日本地主制史研究』                  牛山敬二(62)

 中村隆英編『占領期日本の経済と政治』                 村喜代子(65)

 岡田与好編『19世紀の諸改革』                     吉田静一(67)


 安藤良雄編『両大戦間の日本資本主義』                 小林英夫(69)

会報

 1979年度秋季学術大会・総会について(72)

 土地制度史学会新役員(78)

英文抄録(79)


第87号

]]U−3 1980.4

論説

 国家財政と初期政商
  −明治7年抵当増額令までの過程を中心に−                千田 稔(1)

 松方デフレ期における地主の投資行動
  −長野県下高井郡山田家の場合−                    横山憲長(25)

 18世紀後半期のザウアーラントにおける“都市の復興”            藤田幸一郎(46)

研究ノート

 恐慌の必然性について                          守屋典郎(62)

書評

 和田春樹著『農民革命の世界』                      石井規衛(76)

会報

 1980年度秋季学術大会・総会予告(24)

英文抄録(79)


第88号

]]U−4 1980.7

論説

 両大戦間期泉南綿織物業の発展                      阿部武司(1)

 1930年代イギリス不定期船業と政府海運助成政策
  −その成果と意義−                          後藤 伸(20)

 革命初期のリヨンの民衆クラブと「シャリエ派」              小井高志(44)

研究ノート

 「資本の循環」と「資本の流通」
  −その概念的区別と関連について−                   山本孝則(65)

英文抄録(77)

22巻総目次(79)


第89号

]]V−1 1980.10

論説

 地主階級と国家諸機関
  −新潟県北蒲原郡における小作争議をめぐって−             栗原るみ(1)

 近畿先進農業地域における地主制の後退過程
  −「協調体制」の問題を中心として−                  庄司俊作(18)

 ワイマル期ドイツ農業の構造と経営危機                  古内博行(43)

研究ノート

 純畑作地帯における大地主経営の変容
  −東京府西部・70町歩地主の例(1890-1945)−              佐藤正広(60)

書評

 小野一一郎・吉信粛編『両大戦間期のアジアと日本』            金子文夫(70)

 常盤政治著『現代資本主義分析の基礎理論』               本間要一郎(72)

 永田啓恭著『アメリカ鉄鋼業発達史』                   中西弘次(74)

会報

 東海部会研究会報告(69)

 関東部会研究会報告(76)

 1980年度春季総合研究会(77)

英文抄録(79)