TOCHISEIDOSHIGAKU : the Journal of Political Economy and Economic History
土地制度史學
Home     総目次  


第90号

]]V−2 1981.1

論説

 相対的安定期ドイツの石炭カルテルの展開と国家の介入
  −1924〜25年を中心としたライン=ヴェストファーレン石炭シンジケート− 松井  坦(1)

 国家と農民
  −食糧独裁令から貧農委員会の改造まで−                石井規衛(21)

 19世紀末アメリカ農民運動再考
  −経済的要因をめぐる一試論−                     室谷 哲(43)

書評

 安田常雄著『日本ファシズムと民衆運動−長野県農村における歴史的実態をとおして−』
                                     北河賢三(60)


 北條 浩著『明治地方体制の展開と土地変革』               丹羽邦男(63)

 西川純子著『アメリカ企業金融の研究』                  森  杲(65)

 脇田修編著『近世大阪地域の史的分析』                  津田秀夫(68)

会報

 1980年度秋季学術大会・総会(71)

 訃報・弔辞・故山田盛太郎先生略歴(78)

 北海道部会報告(70)

英文抄録(79)


第91号

]]V−3 1981.4

論説

 産業組合の拡充と農村構造の再編
  −長野県南安曇郡湯(ゆかた)村の事例を中心に−            大門正克(1)

 明治初年護法一揆の特質
  −明治6年越前大一揆分析−                       三上一夫(21)

 明治初年の政情と地方支配
  −「民蔵分離」問題前後−                       松尾正人(42)

史料分析

 南関東農村における豪商農経営の実態とその分布状況
  −明治22年「所得金高届下調書」を素材として−             斉藤康彦(58)

書評

 本池立著『フランス産業革命と恐慌』                   大森弘喜(71)

 岡田与好著『自由経済の思想』                      杉原四郎(73)

 鈴木圭介編『アメリカ独占資本主義−形成期の基礎構造−』         西川純子(75)

会報

 「原基的工業化」Proto-Industrialization をめぐる研究会(1)(20)

 第8回国際経済史会議のお知らせ(20)

 「原基的工業化」Proto-Industrialization をめぐる研究会(2)(41)

英文抄録(79)


第92号

]]V−4 1981.7

論説

 1920年代「満州」における日本人中小商人の動向              柳沢 遊(1)

 日清・日露戦後経営と対外財政 1896〜1913
  −在外政府資金を中心に−                       能地 清(19)

 11・12世紀の交、北フランスにおける領主支配権の特質           渡辺節夫(41)

研究動向

 1970年代における16〜17世紀カスティーリャ農村史研究          五十嵐一成(60)

論点をめぐって

 西ドイツにおけるProto-Industrialization 論とその問題点
  −P.クリーテを中心に−                        柳沢  治(66)

書評

 高村直助著『日本資本主義史論』                     橋本寿朗(72)

 山崎隆三編『両大戦間期の日本資本主義』                 鍋島力也(74)

会報

 1981年度秋季学術大会及び総会について(76)

 東海部会研究会報告(76)

英文抄録(77)

23巻総目次(79)


第93号

SSM−1 1981.10

                           故山田盛太郎先生追悼特集

 追悼特集にあたって                           大石嘉一郎(1)

 故山田盛太郎先生の学問業績                        小林賢齊(2)

追悼講演

 山田理論と比較経済史学                          大塚久雄(20)

 山田先生の方法の特徴                           横山正彦(28)

 山田先生と農地改革                           細貝大次郎(31)

 山田先生と戦後段階=鉄鋼分析                       南  克己(45)

追悼

 マルクス主義経済学者・山田先生                      守屋典郎(58)

論点をめぐって

 国民経済と世界市場
  ―藤瀬浩司著『資本主義世界の成立』をめぐる一考察―           楠井敏朗(68)

書評

 矢島武編著『日本稲作の基本問題』                     宇佐美繁(75)

会報

 1981年度春季総合研究会(78)

 英文抄録(79)


第94号

]]W−2 1982.1

論説

 『日本資本主義分析』の軌跡
  −「再生産論の具体化」と構造論=危機論−                大島雄一(1)

 独占価格の形成メカニズム                         福田泰雄(20)

 ウイリアム・コベットの「急進」主義
  −とくに農業労働者の社会的抗議を中心として−              福士正博(38)

海外寄稿

 18世紀の原基的工業と19世紀における工業化の遅れ
  −ドイツの事例−                    エッカルト・シュレンマー(55)

書評

 堀越智編『アイルランドナショナリズムの歴史的研究』            斎藤英里(61)

 星埜惇著『国家移行論の展開』                       守屋典郎(64)

 西村閑也著『国際金本位制とロンドン金融市場』               井上  巽(67)

会報

 1981年秋季学術大会・総会(71)

 新理事会・運営体制の発足について(77)

 1981年九州部会活動報告(78)

英文抄録(79)


第95号

]]W−3 1982.4

論説

 「大不況」期におけるイギリス相続税改革                  佐藤芳彦(1)

 系統農会による農産物販売斡旋事業の地位と役割               玉真之介(21)

 1860年英仏間工業製品生産費格差
  −『1860年調査』分析−                         村田春美(40)

論点をめぐって

 帝国主義における内政と外政
  −1981年度大会共通論題報告に即して−                  吉岡昭彦(60)

書評

 三好洋子著『イギリス中世村落の研究』                   赤澤計眞(67)

 野沢豊編『中国の弊制改革と国際関係』                   金子文夫(69)

 磯辺俊彦編著『日本の農家−農業統計の現代的課題−』            喜多克己(71)

 松元宏著『三井財閥の研究』                        柴垣和夫(37)

 湯浅赳男著『フランス土地近代化史論』                   遅塚忠躬(75)

英文抄録(79)